ホーム > 現金化 > 借入れではないクレジットカードの現金化

借入れではないクレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化の場合、借入れなのかどうなのかを心配する人がいます。

確かに、状況によっては、借入れでは問題になってしまうケースはよくあるでしょう。

住宅ローンを組むことを考えていたり、借入れができない状態になっていたりしては、クレジットカードの現金化がいかに便利でも利用することができなくなってしまいます。

 

まず、クレジットカードの現金化の場合、商品の購入ということから始まります。

つまり、お金を借りているわけではありません。

あくまでも、商品を買っただけですので、枠が異なる点に注意が必要です。

何かを購入したという履歴が残るだけですので、心配はかなり少なくなるでしょう。

 

審査も受けることがありませんので、信用情報機関に対して履歴を請求したりすることもありません。

一切痕跡を残すことがないため、住宅ローンなどに悪影響を及ぼす危険は、最小限に抑えることができるのです。

 

最小限というのは何かといえば、クレジットカードを利用して商品を購入しているという点です。

お金が降ってわいてくる方法ではありませんので、こちらは返済しなければいけません。

ここで返済を失敗してしまったりすれば、信用情報には傷がつきますので、心配な場合には、滞ったりしないように、しっかり返していかなければいけないのです。

 

困った時には、クレジットカードの現金化は大変便利でしょう。

それだけに、どんな仕組みになっているのか、利用に関する流れを知っておくことが大切なのです。


タグ :